コーヒー豆の保存方法

いや~、最近やることが多くてなかなか更新できませんでしたが、久しぶりに
投稿できます!
今回はコーヒー豆の保存方法について考えていきましょう!
コーヒー豆は焙煎した後、挽いた後の保存方法がとても重要になってきます!

menu4.jpg

まずは、どの状態でも密閉された容器に入れてコーヒーの風味が飛んでいって
しまわないようにして、豆が減ってきたら出来るだけ空気に触れないように
清潔なものを容器の空いたところに詰めるようにします。
ジップロックなどでもいいですね。
これは大前提です!!
また、常温、冷蔵、冷凍保存によってもコーヒーを美味しく飲める期限が変わって
きます。
常温:焙煎後は5日程、挽いた後は1週間程
冷蔵:焙煎後は3週間程、挽いた後は2週間程
冷凍:焙煎後は1、2ヶ月程、挽いた後は1ヶ月程
常温で保存するときの注意点は湿気のこもらない冷暗所に置くことです。
冷蔵、冷凍の豆を使用するときの注意点は豆に対する温度変化が大きく劣化
してしまうため、早めにコーヒーを淹れる段階まで持っていくことです。
保存期間はあくまで目安なので出来るなら早く飲み切ってしまいたいですね!



最後まで読んでいただきありがとうございます。
コーヒーをもっと楽しく、美味しく飲めますように

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Scroll to top