エスプレッソの上に浮かぶクレマとは?

ただいま、ニュージーランドを満喫中です!
実はニュージーランドはかれこれ7年くらい連続で来ていて、今住んでいるところの
町のカフェはほぼ全部行っているんですね~
何度か書いていますが、こちらではエスプレッソドリンクがメインのコーヒーに
なっています。
エスプレッソという飲み物を飲んだことがある人は少ないと思いますが、エスプレッソの
上にはクレマと呼ばれる泡が浮かんでいます。
sec-crema_img_crema.png
クレマは主に二酸化炭素でできていて、色は抽出の仕方によってだいぶ変わってきます。
良いクレマは茶褐色をしています。
黒っぽくなったクレマは抽出が強すぎて、苦みが強く
薄い色をしたクレマは抽出が弱く、うまみがうまく引き出されていません。
ラテアートをきれいに書くには、このクレマがないと色にメリハリのある画が描けません。
あと、豆の鮮度が落ちているとクレマ自体がうまくできません。
豆の鮮度が落ちているということはガスが抜けている、すなわち二酸化炭素が抜けて
しまっているためです。
どういうことかは、つながっていますね。
クレマが上手くできているかは砂糖を入れてみるとわかります。
上質なクレマは砂糖を入れてもすぐには沈まず、徐々に沈んでいきます。
クレマがどういうものか、分かっていただけましたか?
最後まで読んでいただきありがとうございます。
コーヒーをもっと楽しく、美味しく飲めますように


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Scroll to top