メルボルンのカフェを渡り歩き、コーヒー文化を体感!

とうとうやってまいりました!
一日かけてメルボルンカフェを渡り歩き、コーヒー文化を体感する時が!
その前に、実はサザンクロス駅に着いた時、
メルボルンに来たーーーー!!!」
と、心の中で叫び、ぞわぞわしました。
なんたって、カフェ文化で有名なところについに来てしまったのですから。
それでは、メルボルンの街へ繰り出して、カフェコーヒーを楽しんでいきましょう!
DSC_0458.jpg
まず向かったのはSt.Ali。
DSC_0460.jpg
ここはSouth Melbourneという地区にあるのですが、入り口が
分かりにくい!
看板などが見当たらなく、アパートの出入り口のようになっているので通り過ごして
しまいそうです。
店内は外観からは想像できないくらい広くなっています。
せっかくメルボルンでカフェを巡るなら、ということでここで朝食を
DSC_0466.jpg
ライスプディングとフラットホワイトを頼みました。
ライスプディングは、甘いお粥みたいな感じで、文字で想像するのとは
違って美味しかったです。
ここで一番気になったのがこれ
DSC_0463.jpg
お分かりいただけるだろうか?(笑)
真ん中にいる男性のすぐ横の機械、実はこれスチーマーなんです!
エスプレッソマシーンと別になってるのを初めて見た!
こういったものもあるんですねぇ。早速、豆知識が一つ身につきましたひらめき
忙しいお店だと、エスプレッソをおとす人とスチームする人と、別れたりするから
こっちの方が効率がいいのかな?
マシーンのボイラーの関係とかでね。
ひとまず、一件目の紹介でした!
小出しにしていきますよ(笑)
二件目はまた次回!
最後まで読んでいただきありがとうございます。
コーヒーをもっと楽しく、美味しく飲めますように


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Scroll to top