815coffeeでラテアートリベンジ!

はいはい~~~、今週もやって参りました~~~
815coffeeラテアートワークショップ
前回はミルクを注ぐ位置が良くないのと、勢いがイマイチだったということをふまえてチャレンジ!
とその前に、エスプレッソマシーングラインダーについてお話を。
エスプレッソマシーンは水がタンク式かどうか、対応電圧やボイラーの
数が違ったり。メーカーによって違うのはもちろん、細かいところを挙げれば
結構いろいろなエスプレッソマシーンがあるものです。
高い買い物なのでチョイスを間違えないようにしなければ!
グラインダーは大きく分けて、フラット式とコニカル式があります。
・フラット式は2枚の歯でコーヒー豆をすり潰して挽くようなイメージ。
熱を持ちやすく、微粉が出来にくく、コーヒー豆の浸透は弱め。
・コニカル式はコーヒー豆を粉砕して挽くイメージ。
コーヒー豆に浸透しやすく、微粉が気になる、値段が高い。
という感じで、両者にメリット、デメリットがあるので、あとは好みで選ぶのがいいそうです。
というわけで、ラテアートへ!
今回は取っ手がついているミルクジャグでの練習。
慣れのせいもあるんでしょうけど、やっぱりこっちの方が使いやすくて良いですね!
まずは復習でハート!….
ん~~~、イマイチ。。。
ミルクジャグを動かしすぎ、振りが弱すぎ。
Screenmemo_2017-10-06-19-49-27.png
失敗したところを意識してもう一回!
今回はまぁまぁ、それなりかな!画像は最後に(笑)
他のも描いてみようということでリーフ!
Screenmemo_2017-10-06-19-05-36.png
ミルクがゆるい!ミルクジャグを動かしすぎ!
もう一回!
Screenmemo_2017-10-06-19-06-10.png
ミルクが重すぎて問題外!
やはりなかなか難しい!そしてこの辺りで、ミルクの注ぎ始めのあるコツを教えてもらいました!
そのコツは…、今は秘密にしておきましょう(笑)
ミルクの出来でこんなにもアートが左右されてしまうラテアート
まだまだ練習が必要!
だから面白い!
誰にでも簡単に出来ることは面白味に欠けて感じてしまいます。
な、の、で!
実家からミルクジャグとカップをもってきて水で練習だーーーー!
Screenmemo_2017-10-06-19-03-59.png
>>美味しいコーヒーと一緒にスイーツはいかがですか?
青果市場で働いていた社長が目利きする新鮮果物を使った手作りタルト・焼菓子の通販サイト かにわしタルト店

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Scroll to top