メリタのドリッパーでコーヒーを淹れたときの違い

コーヒーをドリップして淹れる生活を始めて約一ヵ月、他のドリッパー
コーヒーを淹れてみようと思い始めて、手に入れました!
メリタコーヒードリッパー
DSC_1160.jpg
こちらのドリッパーは真ん中に穴が一つあり、ペーパーは台形の
モノを使います。
メリタはコーヒーの通り道が一か所しかないので、抽出はゆっくり
になります。
なので、お湯は最後まで一気に注ぎます!
コーヒーを抽出するときは、時間を図りながら2分半~3分を目安に淹れているのですが、
確かに何回かに分けて淹れると時間がオーバーしやすくなってきます。
目安の時間くらいに調節して淹れれたら、いい具合にコーヒー豆の成分が
よく出てきていると思います。
ドリッパーを変えたり、コーヒーの好みや、その時の気分に合わせてコーヒーを淹れることが
できるようになったらもっとコーヒーを淹れるのが楽しくなるんだろうな
と思います。
もっといろんな淹れ方でコーヒーを淹れてみたいと思う今日この頃です。
【UCC通販公式】

これからの暑い時期にピッタリ!水出しコーヒー!

最近はまだ5月だというのに暑い日が続きますね!
今年の夏はどこまで暑くなってしまうのか不安がよぎって
しまいますが、そんな時にコーヒーを飲むならアイスコーヒー
です!
(当たり前ですが)
前にwoodberry coffeeにコーヒー器具を買いに行ったときに、
水出しコーヒーが作れるコーヒー器具も買っていました。
DSC_1035.jpg
この水出しコーヒー、使い方がちょ~~~~~~簡単です!
手順としては、コーヒー粉を入れてから水を入れる!
以上!それだけで水出しコーヒーが出来るんです!
ただ、しっかり抽出するために一晩寝かせるんで、すぐには飲めない
というところがあるくらいで簡単に美味しい水出しコーヒーが!
一日数杯の水出しコーヒーを飲むならこれはおすすめです
増税後も激安♪1杯15円ドリップコーヒー。業界最安値を目指します!

美味しいコーヒーを淹れるための第一歩!

だいぶ久しぶりの投稿になってしまいました!
これまで冬山生活を送っていてコーヒーと触れ合うことが
全然なかったので久しぶりになってしまいました!
という感じですが…
さてさて、今は東京に帰ってきて早速なのですが、お馴染みの
woodberry coffeeにお邪魔してきまして、コーヒー器具
手に入れました。
今年から本格的にコーヒーを勉強しようと思っています!
そこで!
まずはドリップコーヒーをうまく淹れれるようになろうということで、
DSC_1034.jpg
ドリッパーを買ってきました!
買ったのはharioのv60です。
このドリッパーの特徴として
・円錐形:お湯が中心に流れることによって珈琲粉に長く触れ、
     成分をしっかり抽出
・大きな一つ穴:お湯を注ぐスピードでお好みの味に変えられる
・スパイラルリブ:蒸らしの際の珈琲粉の膨張を妨げない高いリブ
が挙げられます。
これからは楽しいコーヒー生活が待っています!
せっかくなら豆から良いモノを選びたいですよね!


コーヒーをフレンチプレスで淹れてみる!

カップとフレンチプレスが一緒になったモノは持っているのですが、フレンチプレスだけのモノは初めて買ってみました!
DSC_0181.jpg
数杯分のコーヒーを淹れるときは
・豆17gに対してお湯350ml
・豆24gに対してお湯500ml
・豆42gに対してお湯1000ml
が基本的な分量で、濃さに関してはお好みで
決めてもいいと思います。
このフレンチプレス、いいです!
注ぎ口にフィルターが付いていて、微粉がカップに入ってこないようになっています!
フレンチプレスの気になるところを解決してくれてます。
因みに、僕が一番のお気に入りであるコーヒー屋さん、ウッドベリーコーヒーで買いました。
色は黒もあったかな。
フレンチプレスは誰でも簡単に一定の味を出せる器具なので、コーヒー好きな方なら一つは持っていても損はないですね!
最後まで読んでいただきありがとうございました!
楽しいコーヒーライフが送れますように。

エスプレッソマシーンを使ったエスプレッソの抽出

湿度が高いせいか、そこまで暑くないのに体を動かすと汗がダーダー流れますね!!
因みに、僕は横に進むことが好きです…
どういうことだ!
スノーボードとスケートボードが好きだということです!
実はスケートボードとコーヒーってつながってたりしますよね?かの有名なストリーマーコーヒーカンパニーさんもスケートとコラボしてたり
実際、しっくりくるんですよね
さてさて、エスプレッソマシーンでエスプレッソを抽出するわけですが、
抽出量:15~21g
タンピングの力:13~20kg
抽出圧力:8.5~9気圧
抽出温度:94~96℃
抽出時間:25~35
これがエスプレッソの基本的な抽出するときの数値です。
タンピングというのはコーヒーの粉を詰めて押すときの力です。

tampingimg (1).png

完璧なエスプレッソは濃いレッドブラウン色でとろりとしていて、クレマと呼ばれるコーヒーの油分の厚みがあるものです。
このクレマでラテアートの良し悪しが決まってくるんですよね!!
ラテを淹れることの、ほんの一部の話でこれだけあるってなかなか奥が深い!!
この辺りはマニアックすぎるので少しずつ話を出していこうかと思います。
最後まで読んでいただきありがとうございました!




人気ブログランキングへ

コーヒーをドリップして飲むのが手間だと思う方へのおすすめのコーヒーの淹れ方

仕事が終わった後のコーヒーも美味しい!
職場のコーヒーをまた頂きました!
今回は水出しコーヒーを飲みまして、エアロプレスよりサッパリ感は少ないですが、とてもまろやかな口あたりでした!
淹れ方が違うだけでこんなにも口あたりや味わいが変わってくるんだなと実感出来ます(^^ )
実際にご家庭で、挽いた豆をドリップして飲むってなったら割と手間ですよね。。、
ドリッパーを用意して、お湯を数回に分けて注いで…
その行程が好きな人はもちろんいるでしょうけど、お手軽に抽出出来る方法もあるんですよね
僕が使っているのがコレ
1464952605596-1067722436.jpg
フレンチプレスっていう淹れ方になるんですけど
粉を入れてお湯を入れて約5分
(粉の量と時間は好みで変えてみるのもいいと思います)
時間が経ったら
1464952853244484960088.jpg
上に出てるモノを下にギューッと押し下げます
はい、出来上がり!
なんて簡単な!
カップと一体なのですぐに飲めます
注意点としては
・お湯にコーヒー粉がずっと浸っているので放っておくと…
・コーヒー粉が少し混じってくることも
という感じですかね?
大きめのデパートとかの料理グッズのコーヒーコーナーに置いてありますし、安かったです
どういう豆を買ったらいいのか分からない!というときはお試しセットもあり、世界で1台しかない熱量を測れる、特別な焙煎機で焙煎した「最高の品質、最高の鮮度、最高の焙煎」のコーヒー豆を扱っている、こちらのお店をあわせて飲んでみて下さい(´▽`)
>>大人気の【送料無料】お試しセット
コーヒー通の豆専門店


これでより充実したコーヒーライフを送れますね!
最後まで読んでいただき、ありがとうございます\(^o^)/




人気ブログランキングへ

Scroll to top