長野県は小川村がアツい!若者大歓迎!

寒くなってきましたね~

東京も段々と冷えてきた訳ですが、長野県の小川村という地域では
0℃を観測していました!
北アルプスも雪で覆われ始めて、冬の訪れを感じます。

さて、なぜ僕が今回長野に来たかと言うと、小川村市役所に起業支援の話を
するために来たのです!

他にも大事な予定もあったんですけど、今回は起業支援のお話です。

まず、長野県の小川村という地域は白馬村と長野市を結ぶ主要道路の
真ん中辺りに位置する村です。
普段は通るだけの小川村だったんですけど、よくよく話を聞いてみると
とても住みやすい村だということが判明!

結婚支援、子供支援、起業支援などなど、これからconnex coffeeを立ち上げて
生計を立てる上でホントにありがたい支援たちです!

そして、起業支援の内容とは、支援を受けてから3年以上村内に定住、100万円まで
支援してくれるというモノです!

connex coffeeでやりたいことを相談し、実際に起業支援の話を詳しく
聞いてみたところ、小川村にこだわって移動販売をする義務はなく、常識の
範囲内で自由にやれそうな感じで、すごくありがたいです。

もちろん、書類の提出、審査などはしっかりやらないといけないですけどね。
この起業支援制度、最近できたということもあって、なんと僕が対象の第一号だそうです!

これは頑張らねば!
これだけ寛容な小川村のためにもいろいろとやっていこうと考えています。

正直なところ、小川村は過疎化が進んでいるという事実はあると思いますが、自然が
好きでスローライフを過ごしたいと思う人にとってホントにいい村だと
思います。

車で長野市、白馬、大町まで20分なんで、買い物するにもリゾートを満喫するにも
好立地だと思います。

これから起業を考えている人は、小川村を検討してみてはどうですか?

harioのV60ドリップスケールを使ってさらにおいしいコーヒーを淹れる!

コーヒーを美味しく淹れるための道具ってたくさんありますよね。
その中で、harioのV60ドリップスケールを買ってみました!
今までは普通のスケールを使っていたのですが、これだと重さは測れるのですが、
時間は測れないんです。
それはもちろんそうなんですけど、コーヒーを美味しく淹れるためには
蒸らし時間やお湯を注ぐスピード、何秒で抽出しきるか、時間も非常に重要に
なってきます。
そこで!!!
このharioのV60ドリップスケール!!!
DSC_1099.jpg
重さが測れるのはもちろんのこと、時間まで測れちゃうという優れもの!
お値段はなんと4000円!4000円です!
安いととるか高いととるかは人それぞれですが、僕からしたら安いモノだと思います。
乱暴に扱ったりしない限りそうそう壊れるものでもないし、これから先ずっと
美味しいコーヒーを淹れるための投資だと思えば安いと思います。
しかも、僕にとってはゆくゆくconnex coffeeでコーヒーを淹れるための
必需品になりますからね、先行投資です!
すこしずつではありますが、connex coffeeをやるための準備が
進んでおります!


数年後にオープン予定、connex coffee(仮)

将来、自分でお店を始める予定でいるのですが、始めたときのことを
考えていると楽しいので、もう店名やコンセプト、メニューなども考え
始めています(笑)
まず店名はconnex coffee

connexとはconectionの短縮形だそうで、日本にはまだなく、響きも
好きなのでほぼ店名確定の勢いで候補になっています。
意味はつながり。そして僕の大切なパートナーの名前が外間結。「結」なので
人と人とを結びつけるという意味も込めてこのconnex coffeeという店名に
至りました。
個人的に結構気に入ってます(笑)
そしてコンセプト。
店名にもあるように、人と人とのつながりを作っていき、みんなが楽しく
過ごす時間を作れる架け橋となるお店作りをしていきたいと思っています。
僕と外間結はスノーボードをしているのですが、僕は人見知りがちなので
1人でずっと滑っている時間がたくさんありました。
練習と考えれば一人でもいいかもしれませんが、やはり何人かとスノーボード
をする方が楽しいのは間違いないです。
今は濃い仲間が出来たからいいのですが、スノーボードに限らず
同じような境遇で仲間を作りたいと思っている人の助けになるような
コーヒー屋さんを作り、その人にとっていい環境に入っていける状況を
作りたいです。
情報交換の場でもありますかね。
メニューはエスプレッソ系ドリンク(ラテ、カプチーノとか)、ドリップコーヒー、
ソフトドリンク、食事にもおやつにもなるような焼き菓子と、この辺りは
考えています。もちろん他にいい案が出たら取り入れますが。
他に、ワークショップとしてコーヒーや英語、ヘンプなどを取り入れていけたらと
考えています。
場所は長野市の少し外れの白馬寄り。
こういうことを日々想像しながら楽しく過ごしてます。
コーヒーに関してはまだまだこれからだし、経営のこともこれからです。
このブログではオープンまでの経緯を出来るだけ書いて行こうと思うので、
少しでも参考になれば幸いです。

Scroll to top